意外と知らない「名古屋」の「必見」「港とその周辺について」情報|名古屋と豊橋の情報発信サイト【ナトーヤ】

コレが下の線

名古屋と豊橋の情報発信サイト【ナトーヤ】 > 知る > 名古屋 > 意外と知らない「名古屋」の「必見」「港とその周辺について」情報

意外と知らない「名古屋」の「必見」「港とその周辺について」情報

2014年11月20日更新!

  • エリア
  • 住所

「港とその周辺について」についての解説

名古屋の港は、日本の黒字貿易港として有名です。日本の国際貿易港として五大港にもないっています。港の外には、朝までしている漁師さん達が通う店が多くあります。朝方に帰航する船員の為に開いている店には常に新鮮な魚介類が揃っています。

「港とその周辺について」の情報を「毛呂三太」から聞きました。

港から少し歩くと東京のお台場のフジテレビが現れます。間違えました。フジテレビと同じフォルムをした建物を見ることが出来ます。遠目で写真を撮れば名古屋で東京に行って来たと言えるかも知れません。

「港とその周辺について」の情報をくれた「毛呂三太」はこんな方です。

2年浪人して茨城県から大学の為に名古屋に引っ越してきた毛呂三太は、2人兄弟の弟です。体格は大きいですが、気持は少し小さい気弱な男です。

「港とその周辺について」と「必見」の関連理由。

名古屋駅から港までは電車に乗って30分ほどで着きます。名古屋港には一ヶ所必ず行った方が良い場所があります。そこは、名古屋港水族館です。港から歩いて1分の距離です。ここには、いくつもの豪華な店が集まっています。「レッドロブスター 名古屋港ガーデンピア店」では週に2回カナダから空輸で届く新鮮なロブスターを365日いつでも食べることが出来ます。寿し 和食処 浜鮨では、秘伝のタレを活かしたひつまぶしをリーズナブルな値段で食べることが出来ます。港で人が集まった時には[日本庭園のある居酒屋]巧で宴会を度々行うこともあると店長さんが話してくれました。

オススメ動画ページ

PAGE TOP
名古屋と豊橋の情報発信サイト【ナトーヤ】