意外と知らない名古屋の歴史「前田利家と荒子」情報|名古屋と豊橋の情報発信サイト【ナトーヤ】

コレが下の線

名古屋と豊橋の情報発信サイト【ナトーヤ】 > 知る > 名古屋 > 意外と知らない名古屋の歴史「前田利家と荒子」情報

意外と知らない名古屋の歴史「前田利家と荒子」情報

2014年8月30日更新!

  • エリア
  • 住所

「前田利家と荒子」についての解説

前田利家は、昔大河ドラマにも使われていたので、知っている方も多いと思うのですが…詳しく語ると。織田信長に使えた過信の一人で、なんと加賀に100万国を築き上げたことで有名になっています。また、あの天下人「豊臣秀吉」のライバルとされており、豊臣秀吉が猿。前田利家が犬と呼ばれていたぐらいです。ですので、この前田利家は戦国時代に名をはせた「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」に継ぐ有名大名として上がるくらい偉大な戦国大名です。

名古屋の人だからこそ「前田利家と荒子」の豆知識

意外と知らない方が多いのですが、前田利家も天下人になったことがあるのです。それは、豊臣秀吉が亡くなった後のことなのですが、3日間天下を取ったのです。実際には秀吉が託したってことなのですが、ちょうどその時に利家は病気になってしまい。その3日後にこの世を去ったのです。その間はあの徳川も恐れて手を出すことができなかったそうです。そして、この3日を取って「3日天下」と言われているそうです。

名古屋の人だけが知っている「前田利家と荒子」のうわさ話

コレは前田利家と荒子に関する話なんですが、どうやら荒子は不倫をしていたようです。それをうすうす感づきながらも、利家は愛したと言います。この頃から女性の不倫ってあったんですね。怖や怖や・・・

オススメ動画ページ

PAGE TOP
名古屋と豊橋の情報発信サイト【ナトーヤ】